ミニのボディーカラーの意味!



探し物をしている時に、ふと目に留まったローバージャパンミニのカタログ。


d0119417_11315428.jpg


懐かしい、97年以降のミニのカタログ。けっこう大きいです。


中を開けると「個性的。スタイリッシュ。走りが楽しい。こだわりの逸品・・・いつの

時代も多くの形容詞を携え、世界中で愛されてきた」などの書き出しから始まって

「ミニが20世紀でただ1台だけに与えられる”カー・オブ・ザ・センチュリー”を

受賞し世界の名車と讃えられ・・・」とうとうのミニの素晴らしさが書かれています。



d0119417_1252227.jpg


「ミニはまるで生き物のようだとは、よく言われる・・・」の書き出しが嬉しい!


ペラペラとページをめくっていくとミニに使われているカラーの油来が載っていました。

例えば、ユーコングレーのユーコンはベーリング海に注ぐ大河の名から。とか、

ホワイトホールベージュはロンドン官庁舎の別名。

サーフブルーは爽やかな波打ち際のイメージ。

内装のホライゾンブルーは水平線の青。

キュミラスグレイは積雲の灰色。等々・・・



おもしろくて 読んでいたら、いろいろな仕様の中で”ケンジントン”仕様の油来も

ありました。モチーフとなったのは英国王室の宮殿があるロンドンの高級住宅地

”ケンジントン”から街のもつ上品なノーブルなイメージを反映させて作りあげた

オートマチックミニだそうです。今回中古車にラインナップされた1台がこの

”ケンジントン”のホワイトホールベージュだったのでちょっと嬉しくなりました。



d0119417_12595373.jpg


ロンドン官庁舎の別名のホワイトホールの名前をもらい、ケンジントン高級住宅街の

イメージで作られた数少ないミニ!


d0119417_1315922.jpg


内装の革シートの色はタータンレッド。これは、スコットランド調の赤と言ういみだそうです。

ホワイトホールベージュにタータンレッドの色調は、60年代のジャガーとかMGの車の

雰囲気がします。よかったらHPの中古車一覧見て下さい。




d0119417_1395047.jpg


爽やかな波打ち際のイメージのサーフブルーMTミニもラインナップ!

98年に新車で納車した英国仕様のツインインジェクターミニで、MK-2スタイルに

して内装も張替えてあります。こちらも中古車一覧見て下さい。


97年以降のミニって、レギュラーカラー、プレミアムカラー、ヘリテイジカラーを

合わせて11色もあったんですね。

タイムマシーンがあったミニを買って持ってきたい・・・





[PR]

by sevencars | 2013-03-15 13:20 | セブンカーズ情報